認知症を予防するためには脳の働きをよくする成分が必要

水分の保持と弾力性

関節

関節痛を緩和するというサプリメントの多くにはグルコサミンとコンドロイチンが含まれています。これらは軟骨を構成する成分です。また、軟骨を守るために必要な水分や弾力を補う力もあります。

もっと知ろう

アンセリンが効果的

栄養補助食品

尿酸の結晶が関節で痛みを起こすことを痛風といいます。痛風はアンセリンを摂取することで予防ができるのです。アンセリンには尿酸を追い出す効果があります。サプリメントでアンセリンを補いましょう。

もっと知ろう

サプリメントで栄養を補う

サプリ

サプリメントはその成分と目的に合わせた飲み方が必要です。アトピーを改善したいのであれば乳酸菌やDHAが含まれているサプリメントがいいでしょう。乳酸菌は食後に飲むことで効果が高まります。

もっと知ろう

細胞とリン脂質

シニア夫婦

中高年になってくると心配になることがあります。それが、アルツハイマーや認知症です。それらの症状が進んでしまうと自分の家族や親戚のことも忘れてしまうのです。これからの時代は高齢化社会だといわれています。その高齢化社会で元気に過ごすためにも、認知症やアルツハイマーを予防しなくてはいけません。日頃から予防をするためにはどういった手段が有効なのでしょうか。それは食事です。認知症やアルツハイマーを予防できるような成分を食べ物で補うのです。今は、そういった成分が含まれているサプリメントもあります。どうしても栄養が足りていないという場合はサプリメントも取り入れて効果的に予防をしましょう。認知症やアルツハイマーを予防するサプリメントの多くに使われているというのがレシチンという成分です。このレシチンは卵黄や大豆などにも含まれています。そして、人間の細胞膜を構成しているリン脂質の1つでもあるのです。認知症やアルツハイマーの人は、脳の情報伝達を行なうための神経細胞が傷ついたり壊れてしまったりすることが原因の1つだといわれています。情報伝達をスムーズに行なうためには綺麗な細胞をたくさん作る必要があります。そのためにもレシチンが大きな働きをしてくれるのです。また、ホスファチジルセリンという成分もリン脂質の1つで認知症予防に効果があります。他にはDHAやEPAといったオメガ脂肪酸も有名な成分です。それらを効率よく摂取するためにもサプリを使ったりバランスのいい食事を心がけましょう。